向陽舎

メニュー

向陽舎とは

向陽舎

日向企画として'96年1月に旗揚げ。
vol.1より三島由紀夫「近代能楽集」作品を中心に上演、台詞の美しさと徹底したリアリズム演技を追求しつつも、パフォーマンスも取り入れ、古典を現代に蘇らせる試みを続けている。
向陽舎三島作品上演の記録は、1999年開館した山中湖「三島由紀夫文学館」に収められ、永く保存されることとなった。その名称は三島作品に他出する「日向と影」という言葉に由来する。
2002年7月、vol.7で「近代能楽集」全8作品の上演が完成。2003年9月、vol.8で三島戯曲の最高傑作「サド侯爵夫人」を上演。好評を博した。

最近の記事

リンク

サイト内検索

お問合せ

RSSフィード



[広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
向陽舎主宰。

1996年より、おもに三島由紀夫戯曲を上演。
2007年までに12本の三島戯曲を上演(演出、出演)した。

自身の三島戯曲上演に関して、三島由紀夫研究会公開講座、三島文学館レイクサロン、白百合女子大大学院、平川サロンにて講演。「テアトロ」2007年10月号寄稿「三島に魅せられ囚われた12年」

2008年からの客演。

DULL-COLORED POP「小部屋の中のマリー」「マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人」
五反田団「生きてるものか」「宮本武蔵」
東京ネジ「きみどりさん」
ehon「SWEETS」
世田谷シルク「泣けば心がなごむけど、あなたの前では泣けません」
MU「5分だけあげる」

向陽舎は2007年の「薔薇と海賊」以来活動を休止しています。

主宰の久保亜津子の客演情報については「新着情報」でご確認ください。

向陽舎主宰。

1996年より、おもに三島由紀夫戯曲を上演。
2007年までに12本の三島戯曲を上演(演出、出演)した。

自身の三島戯曲上演に関して、三島由紀夫研究会公開講座、三島文学館レイクサロン、白百合女子大大学院、平川サロンにて講演。「テアトロ」2007年10月号寄稿「三島に魅せられ囚われた12年」

2008年からの客演。

DULL-COLORED POP「小部屋の中のマリー」「マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人」
五反田団「生きてるものか」「宮本武蔵」
東京ネジ「きみどりさん」
ehon「SWEETS」
世田谷シルク「泣けば心がなごむけど、あなたの前では泣けません」
MU「5分だけあげる」





五反田団『宮本武蔵』

<作・演出> 前田司郎

2012年6月8日(金)~17日(日) 全12ステージ
三鷹市芸術文化センター 星のホール

公演詳細ページはこちら

⇒ http://mitaka.jpn.org/ticket/1206080/

<公演日程>

2012年6月

8日(金) 19:30
9日(土) 15:00[託]/19:00[託]
10日(日) 15:00
11日(月) 休演日
12日(火) 19:30
13日(水) 15:00/19:30
14日(木) 19:30
15日(金) 19:30
16日(土) 15:00/19:00
17日(日) 15:00

受付開始は開演の40分前・開場は開演の20分前

[託]=託児サービスあり


<出演>
大山雄史 小河原康二(青年団) 荻野友里(青年団) 金子岳憲
岸井ゆきの 久保亜津子(向陽舎) 黒田大輔(THE SHAMPOO HAT) 前田司郎

<料金>
【全席自由席(整理番号付き)・日時指定】
 前売:2,500円/当日:2,800円
 高校生以下:前売り・当日とも1,000円(当日要学生証)

※未就学児の入場は原則として不可
※三鷹市芸術文化振興財団友の会会員の方は、割引料金でご覧いただけます。


山中湖の三島由紀夫文学館でのイベントです。

2011年10月29日のレイクサロンで、私・久保が講師を務めることになりました。

向陽舎として1996年から2007年までの12年間、12回の公演、12本の三島戯曲を上演してきました。
「サド侯爵夫人」や「近代能楽集」「薔薇と海賊」などの貴重な上演映像を上映しながら、向陽舎の軌跡をたどります。

進行役は、三島研究の山中剛史さん。

山中湖に観光のご予定ありましたら、是非お立ち寄りください。


●第7回レイクサロン

特別講師講演
久保亜津子「三島戯曲に囚われた12年」

■講師代表の向陽舎による演劇映像を上映 ■講演終了後、公開トークQ&A有


日時  平成23年10月29日(土) 13時~17時
場所  徳富蘇峰館(三島由紀夫文学館隣り)
申込方法 往復はがき・FAX・電子メールのいずれかで、三島文学館に申し込む。
    申込の際には①住所②氏名③電話・FAX番号を必ず明記してください。
    複数名での申込の場合もそれぞれの①②③の明記をお願いします。
締切  平成23年10月28日(金)(往復はがきの場合は10月21日必着)
    ※受付は先着順となります。定員になり次第締め切ります。
参加費 1000円(当日受付にてお支払いください)
申込先 山中湖文学の森 三島由紀夫文学館
主催  山中湖文学の森 三島由紀夫文学館・山中湖村教育委員会


山中湖文学の森 三島由紀夫文学館
 〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
TEL 0555-20-2655 FAX 0555-20-2656
メールアドレス infoあっとまーくmishimayukio.jp
ホームページ http://www.mishimayukio.jp/ 
 交通アクセス  http://www.mishimayukio.jp/access.html
| ホーム |

 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。